礼儀正しく不動産担当者とコミュニケーションを取る

収入以外にも見ているポイントがある

賃貸の入居審査では収入などの審査も存在していますが、それ以外にも不動産業者側が評価しているポイントがあります。それは近隣住民とトラブルを起こす人間かどうかということです。不動産の担当者に対してあまりにも悪印象を与えてしまうような態度で接してしまった場合には、それだけでマイナス評価となってしまいますから、印象を良くするためにも礼儀正しく不動産業者と接することが大事になってきます。あまりにも丁寧過ぎる接し方でなくても良いですが、悪印象を与えないように自然な笑顔で応対をすることで、少なくともトラブルを起こす人物だと思われることはなくなります。これにより賃貸の入居審査もスムーズに通ることができるのです。

入居申し込みの際の服装や態度にも注意を

好きな物件が決まって入居を申し込む際にも注意すべき点があります。まず服装に気をつけるということです。スーツを着て申し込むというのがベストですが、そこまでかしこまった格好をする必要はありません。オフィスカジュアルや普段着ているカジュアルな格好で問題はありませんが、あまりにもラフな格好で行くのは避けるようにしましょう。部屋着のような格好で行ってしまうとマイナス評価をされる原因ともなります。また申し込むときの態度も重要で受け答えはしっかりと敬語で行うことが大事です。馴れ馴れしいタメ口をきいてしまったり、乱暴な口調で申し込みを行った場合には、審査に通るものも通らないという結果に繋がりますから、服装や態度にも留意しておきましょう。