賃貸料が月収の3分の1以下が審査に通る目安

入居審査の基準になっている賃貸料の目安とは

アパートやマンションなどの物件を探すとき、賃貸料をいくらぐらいに設定したらいいのか分からないという人もいるでしょう。安い分には特に問題はないかもしれませんが、高すぎると支払いが難しくなることがあるからです。その時に一つの目安になっているのが「月収の3分の1以下」というものであり、これぐらいの割合であれば無理なく賃貸料を支払える水準といった意味になります。この目安は、賃貸料をいくらに設定したらいいかを考えるときの参考にするとよいと言えますが、実はこの「月収の3分の1以下」という水準は多くのケースで入居審査の基準にもなっています。ですので、入居審査をスムーズにパスするためにも、この目安に合わせて家賃設定をすることが重要になるのです。

実際の賃貸料は自分の生活に合わせて決める

「月収の3分の1以下」というのは、賃貸料を考える際の目安になるものですが、必ずしも3分の1に近い金額にする必要はありません。なぜなら、月収が低い場合は、その目安に賃貸料を設定してしまうと生活費が十分に確保できなくなってしまうことがあるからです。したがって賃貸料を設定するときは、まず生活費がいくら必要になるのかを計算した上で、いくらまでなら支払えるのかということを考慮する必要があります。「月収の3分の1以下」は、あくまでも入居審査の基準なので、実際の賃貸料は自分の生活に合ったものに設定しなければならないということです。そのため、必要であれば、月収の4分の1程度に賃貸料を抑えなければならない場合もあると言えるでしょう。

札幌北区の賃貸物件は住宅や店舗よりも企業の営業所や支店、倉庫が多くを占めます。これは北区が古くから商業や物流の拠点として栄えていたためです。